DiSC®
DiSC®の行動特性
DiSCモデルは、その人の行動を測定し、人を否定的に判断しない4つの行動特性(D,i,S,C)をもって、行動の特性をさぐる共通言語としています
※DiSCのコピーライトは、米国 John Wiley & Sons社が保有し、日本語版開発および総販売代理権はHRD株式会社が保有しています。
行動特性
DiSC® は行動スタイルの違いを理解し、職場の関係性向上を可能にします。
DiSC アセスメントは診断テストではなく、職場における行動分析ツールです。あなた自身そして他者を理解するためのシンプルな枠組みを提供し、コミュニケーションの「共通言語」として機能します。
より良いコミュニケーションは、個人そして組織レベルでの効率化を意味します。つまり、時間、無駄な労力、コストを削減します。
主導型
【D】 主導:直接的で決断が早い
“D” は意志が強く、勝気でチャレンジ精神に富み、行動的で結果をすぐに求める傾向があります。
感化型
【i 】 感化:楽観的で社交的
“i” はいろいろなチームに加わり、アイディアを分かち合い、人々を励ましたり楽しませることを好みます。
安定型
【S】 安定:思いやりがあり、協力的
“S” は人助けが好きで、表立つことなく働くことを好み、一貫性があり予測可能な範囲で行動し、聞き上手です。
慎重型
【C】 慎重:緻密で正確
“C” は仕事の質を高めることを重視して、計画性をもって系統だった手順で作業することを好み、間違いのないように何度も確認します。
DiSC®を活用した研修
コミュニケーション力の強化
仕事の進め方や考え方、情報の伝え方や求め方などの違いは、職場において様々な問題を引き起こします。その要因の多くは、コミュニケーション不足や相互理解の不足が要因と考えられます。
DISC®を活用し、先ずは自分自身の行動特徴を理解する事で、色々なタイプの人と円滑に接する方法を身に付ける事により、コミュニケーション力の向上を目指します。
① コミュニケーションが苦手な社員のコミュニケーションスキル強化を目指す
② チームメンバー間のコミュニケーション力強化を目指す
など、解決したい課題を明確にした上で、最適な研修プログラムを設計しご提供します。
マネジメントスキルの強化
マネジャーは、部下に対し影響力を持っています。
自分の強みと弱みを理解し、強みを最大限に活用し、自身と部下の両方の生産性をさらに高めるスキルを身に付けます。
同時に、ご自身の強みの効果的な使い方を身に付けます。
HRD社のDiSCインストラクター養成講座を修了した講師が指導にあたります。